カウンセリングルーム Ocean Sheepは女性専用のスペースです。名古屋市南区の住宅街にひっそりとある静かな環境のもとで心のエステを体験してみませんか。

生まれたての赤ちゃんのようなもちもち肌を取り戻すために美容のエステはあります。
赤ちゃんのようなもちもち肌を取り戻せると、顔色やお化粧ノリが良くなって、ますます綺麗になります。

当ルームが提供する心のエステ
生まれたての赤ちゃんのようなまっさらな心を取り戻すために存在します。
まっさらな心が取り戻せると・・・

今まで許せなかったものが受け入れられるようになったり
不安に感じていたことが大丈夫だと思えるようになったり
問題や悩みを別の角度から捉えられるようになったり

心のエネルギーが込み上げてきます。
今まで出会ったことのない新しい自分に出会うために

お肌を磨いて綺麗になる感覚で
心をスッキリさせて女性としてキラキラと輝きませんか

カウンセラーの紹介

荒川 江美子(Arakawa Emiko)
日本臨床心理カウンセリング協会 臨床会員
認定臨床心理療法士
認定臨床心理カウンセラー

2012年の春から2013年の秋まで日本カウンセラー学院に通学し、心理カウンセリングを学びました。
以前よりセミナー講師の職に就いており、学院で学んだ知識や技術をセミナーに取り入れて、自分の担当できる幅を広げようと思ったことが、心理カウンセリングを学ぶきっかけでした。

学院に通い始める前までは、自分はカウンセリングの必要はないタイプだと思っていました。
心が強くて、負けん気も強くて、細かいことをくよくよ考えたりせず、目標に向かってがむしゃらに突き進むことができるタイプだと信じていました。

でも学びを深めていくうちに、
生まれたてのまっさらな心に何枚ものベールを重ねて、
本来の自分=ありのままの自分を隠しながら生きていることに気づきました。

ありのままの自分を取り戻すために、
積み重ねたベールを1枚ずつはがしていくためのカウンセリングを繰り返しました。

自分と向き合うことで、今、自身に起きている問題や悩みは、
深めていくと過去の経験に繋がり、更に深めていくと幼少期の体験や親との関係性に
深い結びつきがあることを知りました。

過去の体験は変えられません。
でも、過去の体験を自分がどう捉えるか
その固定概念は変えられることに気づきました。

今、問題や悩みを自分一人で抱えて苦しんでいる人
生きる気力を失っている人
自信をなくしている人
不安を抱えている人
誰も信じられないと思っている人

そんな女性の皆さんに
ありのままの自分を取り戻していただくために
今まで苦しめられてきた対象(人や環境)から解放される喜びを体感いただくために
こうあらねばならないという概念を手放して自由を手にしていただくために

女性が輝くためのカウンセリングルームOcean Sheepをオープンさせたいという気持ちに至りました。

貴方しか放つことができない輝きのお手伝いをさせて下さい。

Ocean Sheepの由来

ときどき周りの人から「幸せそうだね」と言われることがありました。
でも、私の心はいつも満たされていませんでした。

目標に向かってがむしゃらに突き進み、一瞬は達成感や喜びを感じますが、いつも持続しませんでした。
すぐに別の課題や問題が自分に押し寄せてきて、どれだけ頑張っても満足しきれない、
幸せを実感したことがありませんでした。

そんな自分を変えたくてありのままの自分を取り戻すためのカウンセリングを重ね、トレーニングを積みました。

すると「幸せを実感してはならない」と思い込んでいた自分がいることに気づきました。
そこには小学1年生の夏休みに病死した姉と深い結びつきがありました。

姉の生きられなかった無念さを私は受け継いでいました。
無意識の中で「お姉ちゃんが果たせなかった幸せを自分が体験してはならない。」
そう思い続けて何十年も生きてきました。

でもその思い込みは、本来、姉が望んでいることではなかったことを
心理療法の一種であるゲシュタルト療法により、無意識の自分にアクセスすることで知りました。

姉の想いと一緒にカウンセリングルームをはじめたい・・・
いつしかそんな気持ちが芽生え、姉が好きだった海と姉が羊年であることから
海と羊=Ocean Sheepと名付けました。